Merry’s Blog

海外・国内の旅行・日常生活の雑記録

人気観光地「九份」夜に行くと人混みがすごい⁈

f:id:orange_candy_08:20200716163008j:plain

こんにちは♪

 

台湾で外せない観光スポット!と言えば、

映画やドラマのロケ地にもなっている九份

よく見る有名な赤い提灯が飾られた建物は映画の世界に入り込んだような雰囲気でまさに写真映えスポットです♪

九份へのアクセスや服装、混雑する時間帯などについて書きたいと思います。

 

九份の場所

【電車とバスでのアクセス】

台北駅から台湾鉄道特急の自強号に乗って瑞芳駅で下車(約40分)瑞穂駅から金瓜石行きのバスへ乗り換え(約15分)九份老街で下車。
台北駅からMRT板南線で忠孝復興駅下車(5分)忠孝復興駅2番出口側のバス停から台金瓜石行き1062番九份老街下車(約1時間30分)
【タクシーでのアクセス】

①忠孝復興駅周辺に客引きしているタクシーの運転手の方がいます。 九份までは片道1000元。(約50分) それ以上する場合は別のタクシーにした方が良い。

②瑞芳駅からタクシーに乗る場合は205元の定額。(春節の時期は運賃がアップするので注意)
 
9時頃にはお店が閉まるところが多いのでバスで行く方は時間注意!

九份ってどんなところ?

台北中心部から約1時間半のところにある九份
 
九份と呼ばれるようになったのは諸説ありますが9世帯の集落だったからとも言われています。
過去には炭鉱業で栄えていた街でしたが閉山後は閑散としていたそうです。
そんな時に映画の撮影地だった九份が映画のヒットによりまた人が集まり栄えるようになり今の台湾観光名所として有名になりました。
日本では「千と千尋の神隠し」の舞台になったと言われている説もありますね。

天気はどう?

f:id:orange_candy_08:20200712162846j:plain

九份は年間200日以上雨が降ると言ってもいいほど晴れの時が少ない場所。 山の上にあるので天候は変わりやすいので雨具を念のために持っておいたほうがいいです。

晴れている昼間に来れば太平洋が綺麗に見れそうですね♪

どんな服装で行けばいい?

坂道や階段が多いし雨で濡れていると滑りやすかったりするので歩きやすい服装や靴がいいです。
山の上なので気温は少し低く感じられますが、人混みの多いところで歩いたりしていると体が温まってきます。
10月に行った時は長袖の方もいたし半袖の方もいました。

f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


私は半袖で上着を念のため持っていました。

 

あと狭い道に人が混雑しているので大きいリュックなども邪魔になるかもしれません。

九份を散策

f:id:orange_candy_08:20200712162313j:plain

 セブンイレブンの隣にある路地から入ります。

もうすでに入り口から人が多い💦

狭い路地は多くの人達で前があまり見えないぐらいの混み具合。

f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


九份に着いた時間は18時頃でした。 ちょうど混んでる時間帯なんでしょうね。

 

昼間などは空いていて日が暮れてくるにつれて人が多くなってくるようです。

基山街はお店が連なるアーケード

基山街は道の両端にお店がずら〜っと並んでいて、楽しみながら歩いて散策できます。

食べ物だけではなくて特産品や工芸品なども置いてあるお店が集まっています。

この空間の匂いはちょっと独特な感じで食欲をそそられなかった。

ただ時間帯にもよりますが、前になかなか進まなかったりするぐらい混みますので食べ歩きは要注意です。

 

f:id:orange_candy_08:20200712162913j:plain


基山街の道から少し横の路地に入るとオカリナのお店の白い可愛い建物がありました。

意外と人がいないので写真撮るにはいい場所かも♪

激混みのメインストリート

f:id:orange_candy_08:20200712162317j:plain

幅の狭い急傾斜の石階段があるのが竪崎路。

見てください!この人・人・人!!

下の階段が見えないぐらい登る人、降りる人で埋め尽くされています。

ここで写真を止まって撮ったりしているのでなかなか前に進みませんでした。

階段を降りる途中に少し広いスペースがあってそこから写真を撮ることができます。

そのスペースも混雑はしているんですけどね😅

f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


写真を撮るにはちょっと暗くなりすぎた。夕方の赤提灯がついた頃が写真撮るにはベストタイムだと思います。

とりあえず下まで降りてみると広いスペースになっていてようやく人混みから解放された感じでした。

f:id:orange_candy_08:20200712162850j:plain


 真上には提灯があってお店の外観ととてもいい雰囲気を出しています。

台湾風ぜんざいを食べる

f:id:orange_candy_08:20200712162853j:plain

 有名なお店、頼阿婆芋圓

タロ芋やサツマイモを使った手作り団子で弾力があります。

お店の隣には飲食スペースがあったけど、満席。

f:id:orange_candy_08:20200712162856j:plain

日本語でも書いてくれています。全て50元

緑茶ぜんざいも気になってたんですけど、言う暇もなく「暑いの?冷たいの?」と聞かれ冷たいのを注文。

日本人は田イモぜんざいを頼むと思ってるのかな。

忙しそうで話すスピードに圧倒されました。

 

台北直行バスで帰る

f:id:orange_candy_08:20200712162859j:plain

入り口まで戻ってきたらセブンイレブンからすこし坂を登ったところにバス停があります。

19時頃にバス停に行くとめちゃ行列ができていたので観光に来ている人が帰る時間帯なのかもしれませんね。

f:id:orange_candy_08:20200712162524j:plain

1062の台北(忠孝復興まで)に乗ります。

乗る時に台北と運転手の人に伝えます。

降りる時は運転手さんが「ラスト!」と言って教えてくれます。

私はバスに酔う方なので酔い止めを飲んでました。

疲れもあってかほとんど寝てたけど山道なので車酔いする方は薬を飲んだ方がいいかも。

バスから降りると車酔いしてリバースしている方もいたので運転荒かったのかなぁ。

最後に

私が行ったのが18時頃だったので、もう少し早い時間帯に行って混雑していない時にゆっくりお店を見て日が暮れてきたら写真を撮ってバスが混まない時間帯に帰るのがいいなって行ってみて思いました。

18時頃に行くとあまりゆっくり滞在できないし、写真を撮るのも暗くなる手前の夕暮れ時がベストです!