Merry’s Blog

海外・国内の旅行・日常生活の雑記録

故宮博物院・歴代皇帝が収集したお宝2万点が鑑賞できるスポット

f:id:orange_candy_08:20200716163004j:plain

こんにちは、メリーです。

 

旅行に行くと博物館や美術館などを観光する方も多いんじゃないでしょうか。

台湾にある博物院は世界四大博物館(美術館)の候補に挙げられているのです。

ルーブルメトロポリタン美術館と並んで候補に上がっている博物館が台湾にあるなら行って見てみたいという気持ちになりました。

中国歴代王朝が数千年かけて収集してきた70万点近い貴重なコレクションを収蔵していて約2万点の展示品が常設、それ以外は3〜6ヵ月一度入れ替えがあります。

「国立故宮博物院に行ってみて感じたことなどについて書きたいと思います。

 

国立故宮博物院の場所

住所 台北市士林区至善路二段221号
営業時間 8:30〜18:30 8:30〜21:00(金・土曜)
定休日 無休
入館料 350元
支払い カード可

【バスでのアクセス】

最寄駅が士林駅になりますのでそこまではMRTで移動。

士林駅の1番出口から歩いて故宮博物院行きのバスに乗車。

255・304・815、紅30、小型バス18・19のどれかに乗車。

バス停周辺は観光に行く方がバスを待っているのですぐにわかると思います。

バスの乗車時間は約10分ほどです。

降車場所は故宮博物院前のタクシーなどが止まっているスペースではないですが、すぐ近くで降り歩道を渡ったら着きます。

f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


バスは運転が荒いので立っている場合はしっかり手すりなどに捕まってないと急停止・ドアが完全に閉まってない状態で発進するので危ないです。

 

故宮博物院に到着

f:id:orange_candy_08:20200712162820j:plain

 階段を登ると「天下をもって公と為す」と書いてある正門があります。

f:id:orange_candy_08:20200712162822j:plain

 奥に見えるのが故宮博物院

正門から建物まで着くのに距離があるので10月でも暑く日傘をさしている方も結構見かけました。

f:id:orange_candy_08:20200712162831j:plain

 登ってきた後、上から見た景色です。

周りには山があり緑が多くて気持ちいい〜♪

f:id:orange_candy_08:20200712162828j:plain

地下1階、地上3階建ての本館前に到着。

階段の横が建物入り口になり券売所があるので入場券を購入します。

故宮博物院へ入場

f:id:orange_candy_08:20200712162411j:plain

 ここが入場券を買う列です。(1人350元)

この列左側に音声ガイド専用の受付もあります。(1人150元)

大きな荷物は預ける

f:id:orange_candy_08:20200712162834j:plain

 入場チケットも買えたから入ろうとしたら止められました。

リュックや大きなバッグを持っていると入れないようです。

ショルダーや手提げバッグは大丈夫!

そして入場券買うのにも並んだけど、こちらの荷物預ける所でもまたまた長蛇の列ができてました。

f:id:orange_candy_08:20200712162344j:plain

f:id:orange_candy_08:20200712162116j:plain

 壁側にある絵が描かれているのが10元のロッカーです。(お金は帰るときに戻ってきます)

ロッカーがいっぱいになりそうだったのか係の人にロッカーに入れるか床置きか聞かれ、ロッカーに入れたかったのに「大丈夫大丈夫」とカタコトで言われ自動的に床置きになっちゃいました。

ちらっと見えている赤いカーペットが床置きの場所です。

番号札を貰うので間違いはないと思うけどちょっと不安でした。

その他注意点

  1. 陳列室内での大声の談笑や飲食、喫煙など禁止。
  2. フラッシュや三脚を使用しての撮影禁止。
  3. ペットや玩具を持ち込んでの入館は禁止。
  4. 大型の旅行かばん、スーツケースなどの持ち込み禁止。

手荷物チェック

手荷物がある方はチェックを受けてから入ります。

約25分ぐらいかかってようやく入れました。

館内は写真撮影OKです。

まずは3階エリアから見るのをおすすめ

f:id:orange_candy_08:20200712162137j:plain

 5大秘宝が集まる3階、ここの目玉でもある「白菜と肉形石」があり見所満載のエリア。

f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


私は1階から見て回ったんですけど、かなりの数が展示されているので途中から疲れます。 まずは見たいものから周った方がいいと思いました。

 

翠玉白菜の周りはすごい人だかりで、写真を撮るのも一苦労でした。

f:id:orange_candy_08:20200712144540j:plain



f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


翡翠の自然な色合いがこんなにも葉脈を表現できているのに驚きです。

 

思ってたりよりも小さい感じでした。(サイズは高さ18.7㎝)

白菜は清廉潔白を意味しています。

葉っぱのところには子孫繁栄の象徴の昆虫(イナゴ・キリギリス)が表現されてます。

こちらは肉形石のショーケースです。

白菜よりかは見てる人が少なめだったので写真も撮りやすかった。

f:id:orange_candy_08:20200712162333j:plain


 豚の角煮にそっくりに彫刻されてます。

f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


上のゼラチン感が本物みたいです。

 

1階・2階エリア

f:id:orange_candy_08:20200712144510j:plain

f:id:orange_candy_08:20200712144507j:plain

f:id:orange_candy_08:20200712144504j:plain

1階は清代皇室の文物や仏教関連の彫刻、企画展も行われています。

2階は磁器や漆器などの陶磁器などを展示。

とにかく広いのでサラッと見ないと時間かかりすぎます。

ゆっくり見る時間がない場合は3階のエリアだけでも十分だと思います。

時間があれば見ておきたい至善園

博物院の敷地内にある至善園は約2万㎡の中国古式庭園で釘を使用していない建築物があったり、池を中心に散策路があり水墨画のような景色を見る事ができるようです。

ここは時間があれば見ておきたい所です。

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 

masa105_jp(@masa105_jp)がシェアした投稿 -

 

営業時間 8:30〜18:30 8:30〜17:30 (11〜3月)
入館料 20元 故宮博物院の半券があれば入場無料。
定休日 月曜日

最後に

展示数が多いのですべて見て回るのは無理かな、有名なふたつの至宝「肉形石」と「翠玉白菜」をぜひ見てください!

3階に白菜など展示してあるんですがとても人気があるので展示されているブースの前で入場規制がかかる場合もあります。

ツアー客が多いとなかなか混雑してじっくり見るのは難しいと実感しました。

私は午後2時頃に行ったので結構混んでいたので故宮博物院へ行く場合は午前中の開館直後に行く事をおすすめします。