Merry’s Blog

海外・国内の旅行・日常生活の雑記録

登山初心者でもダイヤモンドヘッドに登れるか?時間・服装など紹介

こんにちは ♪

 

ハワイと言って思いつくもの、いくつかあると思いますがその中でも「ダイヤモンドヘッド」は有名なので皆さんご存知の方も多いはず!

 

今回はそのダイヤモンドヘッドに初めて登ってきたので、「山登るのって大変そう、、」「しんどい?どれくらい時間がかかる?」など今後登る予定がある方の疑問に思う事を詳しく書きたいと思います。

 

ダイヤモンドヘッドへは自分達だけでも「ザ・バス」を使っても行けますがオプショナルツアーに参加してみたくてハワイへ行く前に日本で事前にネットでツアーの申し込みをしました。

利用した会社は「トラベルドンキー」です。

登る時の服装は?

だいたい方はTシャツに短パンで登っている方やスポーツウェアを来ている方、焼けたくない方は長袖のシャツを着ている方など様々です。

靴はスニーカーなど歩きやすい靴が良いです。ビーサンは舗装している所は大丈夫かと思いますが未舗装の所は滑りやすいかもしれません。

f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


私はTシャツ・短パン・スニーカー・キャップを着用。日焼け止めを塗っていました。

 

<必要な物>
  • タオル
  • 水(ツアーはふくまれている場合あり)

f:id:Wisteria08:20191120112948j:plain

とりあえずここで写真は撮りましょう♪

この周辺にトイレがあるので出発する前に済ましておいた方がいいです。

(登山途中にはトイレありません)

塗装された歩きやすい道

f:id:Wisteria08:20191120112944j:plain

最初は舗装された緩やかな道を歩いていきます。

ちょうど日の出を見て下山してきた人達とすれ違いました。

ダイヤモンドヘッドから見る日の出は綺麗だろうなぁ〜。

日の出ツアーも魅力的だったんですけど朝、起きれる自信がなかったので今回はやめておきました。

f:id:Wisteria08:20191120113025j:plain

歩いていると山の上にちらっと建物が見えました。

ここから見ると遠く感じるけど30〜40分ほどで登れます。

f:id:Wisteria08:20191120113021j:plain

少しずつ坂道になってきましたが、まだまだ余裕あります。

舗装された道は途中までで未舗装の所はガタガタしているので足元注意して登って下さい。

フォトスポットで少し休憩

f:id:Wisteria08:20191120112939j:plain

登る途中にあった展望台がフォトスポットになっています!

ちょっと飛び出した造りになっているのがいいですよね〜。

写真を撮るのに行列ができているので撮ったら他の方へ場所を譲ってあげて下さいね。

f:id:Wisteria08:20191120112958j:plain

どんどん歩いて行くと道幅も狭くなって前から下りてくる人達とすれ違うのギリギリ。

朝早いのもあってこういう日陰もあるのでそこまで暑いとは思いませんでしたが水分補給はこまめにしましょう。

f:id:Wisteria08:20191120113002j:plain

この階段辺りから、徐々にしんどくなってきます。

後ろからもどんどん登る人が来ているので止まる事なく進みました。

f:id:Wisteria08:20191120113007j:plain

階段終わった〜!と思ったら暗いトンネルの中を進んでいきます。

この時点でかなり息切れしてます。 ここも微妙に傾斜になっていてかなり狭いです。

ルートが別れていてどちらか選んで進む

f:id:Wisteria08:20190728152846j:plain

トンネンルを抜け右を見るとこんな景色が、、、。

この階段を見て……絶句。

かなり急勾配で本当にやばかったです。

後ろから他の人も来ているし止まる事は出来ないので前の人に続いてひたすら登るのみ!

止まって先に行ってもらえば良かったかもしれないけど早く登ってしまいたいと思い一気に登りました。

f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


あと何段あるか見ると、よりしんどい気持ちになるので上は見ないようにして登りました。ここが究極にしんどい所でした。

ここで階段最後だ〜と思っていたらまだ螺旋階段が…。

帰りにわかった事ですが、この急勾配の階段を使わなくても別ルートがありました。

階段とは別の反対方向(トンネルから出て左)に進むとこれよりかはしんどくないルートで行けると思います。

前の人にそのまま付いていっちゃったから別ルートに気づかなかった。

 

f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


お年寄りや小さな子供連れの方はこの急勾配の階段は選ばない方が良いです。

 

若者や体力に自信のある方は1度はこの階段を体験してみるのもいいかも。

f:id:Wisteria08:20191120112931j:plain

ダイヤモンドヘッド頂上からのワイキキ〜♡

f:id:Wisteria08:20191120112935j:plain

綺麗な海を見てると、さっきまでの疲れを忘れてしまいます。

f:id:Wisteria08:20191120113029j:plain

今は緑で覆われてるけど、元々は噴火口だったのが形でわかります。

f:id:Wisteria08:20191120112916j:plain

こちらが先程お伝えした別ルートです。

少し遠回りにはなるんですけどしんどい階段よりかは良いかな。

今度行くことがあったらこちらのルートで登ろうと思います。

階段の数はこちらの方が多いかもしれませんが緩やかだし階段の幅があるので自分のペースで登り降りできます。

別れたルートのところで合流して、あとは行きと同じ道で下山します。

大人だけだと1時間ちょっとあれば往復できます。

登った後はマラサダ♪

f:id:Wisteria08:20191120113032j:plain

バスに戻ると運転手さんからマラサダを貰いました。(かじりかけでスミマセン)

何処のお店のか聞くの忘れたけど、後でネットで調べるとこの紫色のマラサダは「カメハメハベーカリー」のものみたいです。

タロイモからできているので紫色なんですね。

 

最後にダイヤモンドヘッドに登った証明書っぽいのをもらいました。

f:id:Wisteria08:20191120113035j:plain

最後に

ダイヤモンドヘッドに登ってみて最初は登りきれるのか不安でしたが初心者でも登りやすかったです。

階段までは体力も余裕があったし階段ルートさえ選ばなければ体力に自信のない人でも大丈夫だと思います。

小学生ぐらいの子供や年配の方も多く登っていますよ。

登頂した後に見る綺麗な海、ワイキキの街は絶景で最高でした!

まだ登った事ない方はぜひ1度チャレンジしてみて下さい。