Merry’s Blog

海外・国内の旅行・日常生活の雑記録

【高知】1年4ヶ月で来場者25万人突破した廃校水族館が人気♪

こんにちは ♪

高知県室戸市の観光スポットの1つ「むろと廃校水族館」をご紹介します。

高知県には3カ所水族館があり、そのうちの1番新しい水族館です。

ちなみにあと2つは月曜から夜更かしでも放送された「桂浜水族館」、「足摺海洋館」(2020年にリニューアルオープン予定) があります。

 

大人は懐かしい気持ちになりながら見る水族館の様子をお伝えします。

 廃校から水族館になるまで

f:id:Wisteria08:20190829234655j:plain

こちらは元々、室戸市にある椎名小学校でした。

2001年から休校、2000年(最後の年)には児童数は3名だったそうです。

2006年に廃校。

2018年「むろと廃校水族館」として新しく生まれ変わりました。

 

f:id:orange_candy_08:20200712153806p:plain


1周年を迎えて25万人の方に登校してもらったそうです。

 

車:高知自動車道南国ICから約2時間。

龍馬空港から約1時間40分。

バス:安芸甲浦線(むろと廃校水族館前)下車徒歩1分

車(レンタカー)での移動がベスト!

 

住所 高知県室戸市室戸岬町533-2
電話 0887-22-0815
営業時間 9:00〜18:00(4月〜9月) 9:00〜17:00(10月〜3月)
定休日 無休
入場料 大人(高校生以上)600円 子供(小・中学生)300円 未就学児は無料。

 

f:id:Wisteria08:20190830222444j:plain

丸いところがシールになっているこれまた珍しいチケットです。

f:id:Wisteria08:20190901003306j:plain

f:id:Wisteria08:20190901003301j:plain

館内1階は受付とグッズ販売のみ、2階がメインの水槽エリアとなっています。

f:id:Wisteria08:20190830145217j:plain

館内マップ。

小さな水族館なので大人だけだと約1時間ぐらいで全部見てまわれます。

廃校ですが 校舎内はとても綺麗になっていますよ。

f:id:Wisteria08:20190829233415j:plain

懐かしい学校の階段

小学校なので階段も作りが小さいんですよね〜。

階段上の踊り場にはイカスミで書いた習字が飾ってあります。

2階 水槽・タッチプール

f:id:Wisteria08:20190829233503j:plain

最初にあったのは「タッチ・プール」

元は手洗い場ですよね。

ヒトデやエビ、貝に触る事ができます。

黒板にも書いてありますが地元の漁師さんが取ってきてくれてるんですね!

f:id:Wisteria08:20190829234651j:plain

懐かしい机や椅子が並んでいる教室そのままです!

休憩スペースかな。

f:id:Wisteria08:20190829234809j:plain

ホールのところに何気なく置いてある跳び箱、こんな所に跳び箱?と思って反対側から見てみると跳び箱が水槽になっている!

面白いアイデアですね。

この跳び箱は近くの廃校になった学校から貰ったら物だそうです。

f:id:Wisteria08:20190829234710j:plain 元々廊下だったところにも水槽がズラ〜っと並んでいます。

ここの水族館の魚たちは地元の漁師さん達が取ってきたものが展示されているので地元の人達との協力があって成り立っているんですね。

f:id:Wisteria08:20190830152216j:plain

ゴンズイ」の群がすごい!!

f:id:Wisteria08:20190830152220j:plain

海のギャングトラウツボ」 高知ではカツオと同じぐらい有名な食材。

ウツボもたたきで食べたりするらしいです。

f:id:Wisteria08:20190901003248j:plain

イセエビもいました。

f:id:Wisteria08:20190829233433j:plain

セミエビ。

見た目はちょっと…て感じですが伊勢海老に負けないくらい美味しいらしいです。

f:id:Wisteria08:20190829233347j:plain

タツノオトシゴ

f:id:Wisteria08:20190829233429j:plain

2階には円形の水槽が3つあります。

そのうちの1つはクロウミガメ。

f:id:Wisteria08:20190830152551j:plain

近寄ってみると目を閉じて寝てる。

他にも何匹か同じ体勢で寝てました。

f:id:Wisteria08:20190901003257j:plain

ちゃんと泳いでいるカメもいるよ〜。

f:id:Wisteria08:20190901003347j:plain

こちらはウミガメのお赤ちゃんです。

一生懸命泳いでる感じが可愛らしい。

f:id:Wisteria08:20190829233358j:plain

サメの赤ちゃん達。

f:id:Wisteria08:20190829233339j:plain

アカエイやカラスエイの水槽。

水槽に沿って泳いでいるのでお腹丸見え。

段になっているので上から覗いて見る事もできます。

f:id:Wisteria08:20190829234644j:plain

エイと同じ水槽にいるブリ。

何故かカメラ目線!

f:id:Wisteria08:20190901003223j:plain

3階 展示室・図書館

f:id:Wisteria08:20190829232620j:plain

f:id:Wisteria08:20190901003351j:plain

階段の踊り場にはウミガメの剥製が飾ってあります。

f:id:Wisteria08:20190901003323j:plain

室戸は漁師町で昔、外国に漁に行った時のお土産として持ち帰ったりしてたそうで、ペンギンやワニなどここにある剥製は寄贈されたもの、いわゆる転入生だそうです。

f:id:Wisteria08:20190829232626j:plain 」廊下には机を使って生物の標本が展示されています。

f:id:Wisteria08:20190829234730j:plain 」家庭科室ならではの再利用方法ですね。

f:id:Wisteria08:20190829234647j:plain

理科室にはホルマリン漬けにされた魚の標本が置いてあったり手前の亀の甲羅は背負えるようになっています。

f:id:Wisteria08:20190829232637j:plain

キッズスペースもありますよ。

f:id:Wisteria08:20190901211832j:plain

水族館になる前の校舎のビフォーアフターです。

以前の床は木だったんですね。

f:id:Wisteria08:20190829234752j:plain

3階の図書館から見た屋外大水槽。

25mプールをそのまま水槽に利用するなんてすごいアイデア

ここがこの水族館の1番の見どころでしょうか。

f:id:Wisteria08:20190901003319j:plain3階の手洗い場には金魚がいました。 こちらは触っちゃダメです!

屋外大水槽

f:id:Wisteria08:20190901003342j:plain

2階に降りてプールを見に行きます。

f:id:Wisteria08:20190901003313j:plain

トイレと休憩スペースもあります。

雨の時用に傘も用意されてて、それも小学生の時に使ってたような黄色い傘!

f:id:Wisteria08:20190830154347j:plain

校舎からは階段を降りてプールの側で魚を見る事ができます。

f:id:Wisteria08:20190830154622j:plain この日は朝から室戸は強風と雨で天気が悪かったので見えにくいですが25mプールにはサメ、魚、ウミガメが一緒に泳いでいます。

ハンマーヘッドシャークの後ろを魚達が連なって泳いでいます。

f:id:Wisteria08:20190829233420j:plain

小プールには大きな亀が!写真では分かりにくけど、めちゃ大きかったです。

f:id:Wisteria08:20190901003327j:plain プールの横にはだいぶ錆びれている体育館がひっそりとあります。 これ見ると廃校だったんだなぁっと思っちゃいますね。

最後に

この水族館にはペンギンやイルカのショーなどはありません。

「学校+水族館 」という今までにない発想で、ただ魚達を見るだけでなくこんな風に再利用しているんだぁとか思いながら楽しませてもらいました♪

小さな水族館ならではの楽しませ方や触れそうな距離で見れる感じ、この自然あふれる室戸にあるからいいんですよね〜。

なんだか心がほっこりする水族館でした。