Merry’s Blog

海外・国内の旅行・日常生活の雑記録

【高知】隈研吾さんの建築施設巡り④隈研吾の小さなミュージアム「雲の上のギャラリー」

こんにちは♪

 

高知県にある隈研吾さんの設計された施設を巡った記事その④です。

 

今回紹介する建物は雲の上のギャラリー」

 

2020年6月に開館したばかりの新しい施設です。

 

 

①〜③の記事はこちら↓ 

www.sunflower08.work

www.sunflower08.workwww.sunflower08.work

 

 

 

雲の上のギャラリーの場所

 

住所 高知県高岡郡梼原町太郎川3799-3
電話 0889-65-1187
開館時間 10時〜17時(最終入館時間16:30)
休館日 年中無休
入館料 大人200円
中学生以下、65歳以上100円

 

チケットを購入 

 

雲の上のギャラリーは無人なので、側にある雲の上のホテルでチケットを購入しました。 

 

その他の所でも販売しています↓

チケット販売所
  • 雲の上のホテル
  • 雲の上の温泉
  • ゆすはら観光交流案内所「まろうど館」 

 

雲の上のホテル

f:id:orange_candy_08:20200930113652j:plain

f:id:orange_candy_08:20200930113656j:plain

 

雲の上のホテル・レストランは1994に設立。

隈研吾さんの梼原町で一番最初の設計した建物になります。

 

飛行機の翼のような屋根は雲、入り口の円形の水盤は梼原の棚田をイメージしたものです。

 

楠原町の棚田↓

f:id:orange_candy_08:20200930115139j:plain

神在居の千枚田

山里の暮らしが育んだ農業芸術「神在居の千枚田」。梼原町内は標高220~1455mという高低差があり、平地が少ないことから山の斜面を利用した農耕作が発達しました。なかでも神在居は、数多の田んぼが重なっていることから千枚田と呼ばれ親しまれています。梼原町を訪れた作家、故司馬遼太郎は、この天に向かって幾重にもなる光景を見て、「農業が築き上げた日本のピラミッド。万里の頂上にも匹敵する」と感嘆されたそうです。千枚田では、オーナー制度を実施。四万十川にちなみ、100㎡を四万十円で貸与しています。地元農家の指導や管理を受けながら米作りを楽しむことができます。

梼原町観光情報│雲の上の町 ゆすはら」より引用

 

f:id:orange_candy_08:20200930113201j:plain

 

ホテルの入口

 

f:id:orange_candy_08:20200930113230j:plain

 

正面が雲の上のレストランになっています。

 

こちらで地域で取れた旬の食材を使った料理が頂けるようになっています。

 

ガラス張りなので緑豊かな梼原の自然を満喫しながら食事ができますね😄

 

f:id:orange_candy_08:20200926230659j:plain

 

ギャラリーのグッズや高知県の観光パンフレットなどが置いてあります。

 

グッズはポストカード、クリアファイル、木のパズル、木のコースター、木組みのミニチュア、トートバッグです。

 

f:id:orange_candy_08:20200926230558j:plain

 

こちらの受付でギャラリーのチケットを購入しました。

 

ホテルの詳細はこちらご覧下さい↓

kumono-ue.jp

 

雲の上のギャラリー 

f:id:orange_candy_08:20200926230519j:plain

f:id:orange_candy_08:20200926230504j:plain

 

木橋は2010年に設立。

 

枓栱(ときょう)という伝統的な木造の構成に基づいて、はね木を重ねて桁を乗せていく

「やじろべえ型はね橋」という新しい架橋形式の建築となっています。

  

橋の左には雲の上のホテル、右には温泉があり木橋は渡り廊下として利用されています。

 

f:id:orange_candy_08:20200926230620j:plain

 

ミュージアムのエントランス

 

このミュージアムは2020年4月に開館予定でしたがコロナの影響で6月に延びたそうです。

 

f:id:orange_candy_08:20200926230449j:plain

 

階段を登っていくと隈研吾さんのパネルが入り口のところにありました。

 

f:id:orange_candy_08:20200926230707j:plain

 

ホテルで購入したチケットはポストカードに貼ってあるQRコードになります。

 

かざして入館します。

 

f:id:orange_candy_08:20200926230440j:plain

 

中に入ると雲の上の図書館の天井にも使用されている木組が展示してありました。

 

日本の伝統的な木組みのひとつ「地獄組」に強い影響を受けたデザイン。

 

このスペースがギャラリーになっています。

 

名前の通りとても小さいミュージアム

 

f:id:orange_candy_08:20200926230459j:plain

 

右側にはタブレットが置いてあり、隈研吾さんの梼原で設計した建築物の紹介映像が流れるようになっていました。

 

f:id:orange_candy_08:20200926230509j:plain

 

窓からは木橋の渡り廊下の木組が続いているのが見えます。

  

f:id:orange_candy_08:20200926230703j:plain

設計図

 

f:id:orange_candy_08:20200926230643j:plain

 

隈研吾さんが梼原町で1番最初に手がけた雲の上のホテルのプレゼンの様子が写真で残っています。

 

f:id:orange_candy_08:20200930113240j:plain

f:id:orange_candy_08:20200926230551j:plain

f:id:orange_candy_08:20200926230610j:plain

 

雲の上ギャラリーの模型

 

f:id:orange_candy_08:20200926230454j:plain

 

隈研吾さんの経歴も展示

 

f:id:orange_candy_08:20200926230436j:plain

 

ホテルへの出入り口で宿泊者のみ利用できます。

 

f:id:orange_candy_08:20200926230427j:plain

 

ホテルへ繋がっている通路も木を使っていて、いい雰囲気です!

 

f:id:orange_candy_08:20200926230535j:plain

 

こちらが温泉に続く渡り廊下。

 

とても綺麗✨

 

手前の方は両サイド木で少し暗い感じですが、奥に進んでいくと両サイド窓なので光が入って明るいです。

 

壁の右側にあるテレビからは隈研吾さんのインタビュー映像が流れていました。

 

f:id:orange_candy_08:20200926230637j:plain

 

つきあたりはエレベーターになっています。

 

f:id:orange_candy_08:20200930113246j:plain

 

天井付近には棟札が記されています。

 

f:id:orange_candy_08:20200926230444j:plain

 

 ガラス戸に文字が書いてあったんですけど写真撮ると見えない😅

 

f:id:orange_candy_08:20200930113235j:plain

 

逆方向からも撮ってみました。

 

隈研吾さんの設計した施設案内してくれるガイドがあります↓

f:id:orange_candy_08:20200930124257j:plain


 

こぢんまりしたミュージアムです。

 

これで200円ならいいかな〜😄

 

梼原町にはたくさんの隈研吾さん設計の建物があります。

 

建築に詳しくない方でも(私みたいに)斬新な設計を近くで見て楽しむことができると思います。

 

ご覧頂きありがとうございました。

 

 

ブログランキング登録中です!

クリック↓して頂けたら嬉しいです😊 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

 

 その他高知の観光スポットはこちら↓

www.sunflower08.work

www.sunflower08.work

www.sunflower08.work

www.sunflower08.work